◆ 憲法くらべ 1  現憲法と改憲案をくらべてみよう ◆

けんぽうってなに?改憲ってよくわからない...。なんか難しそうだよね...。でもね、私たち一人ひとりの生き方が関わってる、それが憲法だから ひとまず憲法 現憲法と改憲案をくらべてみよう

現在の日本国憲法が制定されて70年・・・。

これまで改正されたことがありませんが、現政権は憲法改正をすすめています。世論調査では、改正反対が過半数を超えていますが、安部首相の改正への意欲は変わりません。

憲法改正がいいか悪いかを判断するには、今の憲法をもう一度確認して、自民党の改正案がどんな内容か知ってからでないと分からないですよね。

「改憲ってよく分からない」「きっと変わらないんじゃない?」「政治とか面倒」「今の生活のほうが大事」「政治家が決めるから」「急に戦争にはならないし」「興味はあるけど、そういう話しの雰囲気が好きじゃない」・・・こういう人たちが多いのも事実。

でも、私たち一人ひとりの生き方が直接関わってくるのが憲法だから、

ひとまず、憲法をくらべてみましょう。

ここでは、どの人にも関わるものを選んで、出来るだけシンプルに表現してみました。絵本をみるみたいにパラパラとめくってみてくださいね。

けんぽうってなに?改憲ってよくわからない...。なんか難しそうだよね...。でもね、私たち一人ひとりの生き方が関わってる、それが憲法だから ひとまず憲法 現憲法と改憲案をくらべてみよう

◆ 憲法くらべ 2  前文みてみよう ◆

憲法の前文には、制定の由来や目的が宣言されています。
現法と改憲案、かなり違うにゃ。
憲法前文 現憲法:憲法は、国民が国の主権者であることを宣言し、それを守る。 改憲案:憲法は、日本の良き伝統と我々の国家を継承するもので、国民はそれを守らなければならない。

憲法くらべシリーズ→3~56~89~1112~13以上

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.