◆ 憲法くらべ 3~5 現憲法と改憲案をくらべてみよう ◆

けんぽうってなに?改憲ってよくわからない...。なんか難しそうだよね...。でもね、私たち一人ひとりの生き方が関わってる、それが憲法だから ひとまず憲法 現憲法と改憲案をくらべてみよう

◆ 憲法くらべ 3  9条みてみよう ◆

現憲法では「戦争の放棄」だけど、改憲案では「安全保障」に変わってるにゃ。
現憲法 平和を希求し、戦争と国際紛争の手段として武力行使は永久に放棄する。日本は陸海空軍の戦力を持たない。 改憲案 平和を希求し、戦争を放棄するが、自衛権の発動はできる。国防軍をもち、国が治安維持活動もおこなう。国民はそれに協力しなければならない。

◆ 憲法くらべ4  11条と12条みてみよう ◆

私たちの人権が規定されているのが11条と12条。現法では、個人同士の人権が衝突しないよう調整する責任(公共の福祉)があるとしているけど、改憲案では国の決めた公益や公の秩序に反しないことと人権が制約されてるにゃ。
現憲法 国民は、自由と権利を生まれながらにもち、それは国も侵すことはできない。不断の努力をしなければ、自由と権利は失われる。 改憲案 国民は、自由と権利には責任と義務があることを自覚しなければならない。権利は制限され、公益や公の秩序に従わなければならない。

◆ 憲法くらべ5  13条みてみよう ◆

13条は国民の生命、自由及び幸福についての権利について。現法は、国民一人ひとりを「個人」(人間尊厳を基本)としてるけど、改憲案では「人」(集団性を基盤)としてるんだにゃ。

現憲法 国民は個人として尊重される。生命・自由・幸福追求の権利は、公共福祉に反しない限り最大に尊重される。 改憲案 国民は個人ではなく集団を基にした人として尊重される。国の決めた公益や秩序に反すれば、人の幸せは制限される。

前回の内容→◆ 憲法くらべ1~2 現憲法と改憲案をくらべてみよう ◆

この後のシリーズ 6~89~1112~13以上

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.