棚田の後ろに山並み

旅には計画綿密派いきあたりばったり派がいる。綿密派はホテルや行き先、移動手段まで行く前にきちんと詰める。いきあたり派は目的地くらいを決めておいて、後は気ままに風に流されるように動く。自分はどっちだろう? 旅に出る前はかなり情報を仕入れている。特に海外の場合は英語のガイドブックまで買ってまじめに読む。わたしが英語を最もまじめに読むのはこのときだけって気がする。そこで旅程をきっちり決める。ところが、実際に行ってみると旅はいつも思いがけない方向に行ってしまう。

いけないものを見てしまった

インドネシアのある島に行ったとき、棚田が美しい場所があるとガイドブックで知って観光客もいない村まで出かけた。

1枚1枚の田んぼが描く曲線が折り重なり、そこに緑の稲穂がゆれてうっとりする光景が広がっていた。丘の途中にあるカフェ、いや茶店というほうが似合っているところでお茶をしていると、茶店の主人が「ここを登っていくと、もっときれいだよ」と言って裏木戸を開けてわたしたちを招いてくれた。登っていくとどんどん風景がひろがっていく。わーぉ! 一面に広がる棚田に感激しきり。

それでさらに登っていった。見通しもよく、遠くまで見える。そこでふと気づくと背後に小さな集落があった。(こんなところにも住んでいるんだ)。好奇心が働いて、7,8軒の集落に入っていった。小さな子どもとおばあさんがいた。インドネシア語で「こんにちは」とかいくつかの知っている単語で話しかけてみたけれど、反応がない。(通じてないのかな?)もしかして、インドネシア語が通じないのかもと思ったりもした。インドネシアでは島ごとに独自のことばがあり、インドネシア語じたいは学校で教わる。よそ者だからか?視線が冷たい

続きを読む