羽をつけた裸の女性たち

にわかには信じがたいことですが、災害で避難しているひとたちへの救援物資に生理用ナプキンが含まれていることを「不謹慎」だとか「贅沢品」だとか言った男性がいるということで(東日本大震災のときのことか?)、万が一にもそんなおたんこなすな発言がでないように最低限のことを伝えたくなりました。→そんなひとが存在してました。「「生理用品はぜいたく品だ」と書いているひとがいた!どんな考えなのか検証してみる」

まずは一言。「不謹慎」ってなんですか?
超カン違いしてませんか? 育児や介護のオムツにはそんなこと言わないでしょ?
意味わかんない。
その発想が脱力するほど無知です。

で、生理をちゃんとわかってもらいまひょ。

生理のキホンのキ

およそ10歳~50歳くらい(個人差はかなりあります)の女性のからだは、卵巣(らんそう)で毎月たまごを作っていて、それは完成すると子宮の中に送り届けられます。このたまごを卵子といいます。卵子が卵巣の中で作られているころ、子宮の内側の壁(子宮内膜)も分厚くなっていきます。それは、妊娠のための準備です。完成した卵子と、男性の精子が合体→子宮内に定着すると、「妊娠」ってことになるわけですが、その時に、受精卵が定着しやすいように子宮内膜は普段の1ミリくらいから15ミリくらいまで分厚くなっています。この膜は「赤ちゃんのベッド」とも言われてます。

でも、ちょうど卵子が完成し、精子と出会わなければ、卵子は死んでしまい、分厚くしておいた子宮内膜も「今回は要らなかったね」ってことで、剥がれて、血といっしょにからだの外に押し出されます。それが生理です。これが大体、4週間に1回のペースでやってきます。
続きを読む