顔が見えない女性が花火を持っている

障害は個人のなかにあるのか?

 「この人の右手には障害がある」
 「あの人には知的な障害がある」

 このような表現が、よくなされます。
 (ちなみに、表現の問題で言えば、「障害」と「障がい」(「害」という漢字のひらがな表記)の問題もありますが、これについては、ここでは扱いません)

 私もついついこのような使い方をしてしまいます。そのほうが、他の人に通じやすいからです。けれども、こうした言い方は、よく考えてみればおかしいはずです。人間それじしんや、人間の部位に「障害がある」という言い方は、日常的には使われますが、次のような言い方でも通じるはずですよね。

 「この人の右手は動かしづらい」
 「あの人は考えることが苦手である」

 そして、「右手が動かしづらい」、「考えることが苦手である」ことが、その人たちが社会において生きていくうえで困難であるとき、そこで生じることが「障害」であるはずなのです。
続きを読む